賃貸のマンション住まいでこだわりたいこと

賃貸のマンション住まいでこだわりたいこと

賃貸のマンションに住むならベランダはある意味大事

マンションとは本来は大豪邸という意味ですが、日本のそれは単に鉄筋のコンクリートでできている集合住宅だというだけのことであります。さてそのマンションに住む場合、特に賃貸を契約する際に注意をしておかないとならないのは物件を選ぶときにベランダはある意味とても大事な存在だということに気が付かされるということであります。もっとも大半の物件ではベランダはあって当たり前なのですが、稀に一部の物件などでは名前だけがマンションでベランダがないところもあるのです。なぜそのベランダが大事なのかというと、それはあるモノを健全に管理するうえで必要な場所だからです。

そのあるモノを健全に管理するうえで必要な場所であるベランダですが、では賃貸のマンションになぜベランダが大事なのかというと、それは布団を時折は干さないと大変なことになるからです。というのも衣類など普段の洗濯物は留守などをしている場合は部屋干しも珍しくはなくなり部屋干し用の洗剤とか売っていますし、洗濯物を干すための器具もホームセンターなどで格安に販売されていたりしてコンパクトに室内に置けたりしますし、それを実行している人も少なからずいたりします。しかし布団というのは大きくて重たいのですが、そのまま干さないでずっと放置しているといずれカビ臭くなって布団のウラなどがカビだらけになっていたりして再起不能に陥ってしまいます。だから時折は干さないとならないわけですが、室内だと太陽の日光に満足に当たらないばかりか布団を干すための器具すら室内が狭くて満足に置けません。それに代わって布団乾燥機というのもあるのですが、これは手間と時間がかかるし電気代も馬鹿にならないのです。ついでに共用の廊下に物干し台おいて布団を干したりするのはやはり他の住人同士のトラブルの元などにもなりかねません。ですがベランダがあれば昼間の数時間風と太陽に少しでも当てることができて乾燥させることができますし、乾燥器のような面倒さや電気代も考えなくていいので、賃貸選ぶときにはベランダのないところを極力避けて契約するほうが賢明なのであります。

Copyright (C)2015賃貸のマンション住まいでこだわりたいこと.All rights reserved.